水戸市・ひたちなか市・日立市など茨城県内の遺品整理なら紫水にお任せください。

TEL 050-3529-9511

年中無休/受付時間 9:00~21:00 | 茨城県水戸市酒門町3568

遺品整理よくある質問

紫水に寄せられるよくある質問をご紹介いたします

遺品整理は一生のうち、せいぜいあっても2、3回、遺品整理業者でもない限り、何度も経験していますという方はまずいません。それだけに初めての遺品整理は戸惑い、途方に暮れてしまうということが少なくありません。そこで遺品整理、生前整理についてよく寄せられる質問をまとめてもましたので参考にしてみてください。

Q.遺品整理の時期はいつがよいか?

A.賃貸物件の場合、規約に示されておりますが通例死後二か月までの退去が一般的です。家賃を払えば延長可能な場合もありますが不動産会社(若しくは大家)によっては延長が出来ずきっかり二か月以内に退去と言われることもあります。

お葬式や納骨などがあり、なかなか遺品整理にまで時間が掛けられないということが大半だと思いますが、大家さんに退去を迫られ、いざ遺品整理を行おうと思っても業者の予定がつかないということもございます。また、遺品整理当日が荒天で日時を変更せざるを得ないという場合もございます。特に、賃貸物件の場合は葬儀が済み、一段落が済んだらすぐに取り掛かった方がよいのは間違いありません。

持ち家の場合は四十九日以降にするという方もおられますが、ご実家に誰かが住んでいれば別として、いない場合は四十九日にこだわらず、なるべく早急に取り掛かることをお勧めいたします。あまりいい話ではありませんが、泥棒の中には新聞のお悔やみ欄を常にチェックしている者がおります。彼らはお悔やみ欄を頼りに、持ち家に誰か住んでいるかどうかを調べています。当然誰もいなければ盗みに入ります。遺品整理を行いますと、大抵は大なり小なり、現金や貴金属類、ロレックスやオメガなど高価な腕時計が見つかります。四十九日を過ぎ、遺品整理を行おうと思い、実家に行ったら荒らされていたということも少なくありません。せっかく葬儀も滞りなく済み、後は実家の片付けだけという場面になって、実家が泥棒の被害に遭い、荒らされてしまったでは故人も浮かばれません。お早目の遺品整理をお勧めします。

どうしてもすぐに遺品整理が無理な場合はセコムなど、警備会社に依頼して不法侵入対策をするのも一つの方法です。

Q.立ち会いは必要ですか?

A.紫水では貴重品の確認、形見分けの選別、リユース品の分別等、出来る限り、ご身内の方の立ち合いをお願いしておりますが、仕事の都合や遠方にお住まいなど、立ち会いが出来ないという方もいらっしゃると思いますので、その際は立ち会いなしでの作業を行います。現金、有価証券、貴金属、権利書などが見つかった場合はすべてお返しいたしますのでご安心ください。

Q.遺品整理の現場がどんな状況でも、引き受けていただけますか?

A.ご安心ください。どのような状況でも、遺品整理の専門作業員がお客様に寄り添いしっかりと対応いたします。作業現場がゴミ屋敷状態になっている場合や孤独死の現場で腐敗臭がひどいケースなどでも対応可能です。

Q.土・日曜日、祝日の作業は可能でしょうか?夜間は可能ですか?

A.土日の作業は可能ですが土日はお出かけにならずご自宅で過ごす方が多いため、近隣の方の状況次第です。作業の音が迷惑にならないような住宅構造であれば土日でも可能です。なお、原則夜間の作業は地域住民のご迷惑になるため行いません。

賃貸契約した時の火災保険で遺品整理ができる場合があると聞いたのですが本当でしょうか?

一般的に賃貸物件に入居する際に入ることが多いのは家財保険だと思いますが、一応、火災保険も含めてお答えすると、火災保険、家財保険、いずれも契約内容によっては遺品整理や特殊清掃が認められる場合があります。実際に保険を使って遺品整理をする方も結構おられます。まずは保険証券に記載の保険会社に電話で確認することをお勧めいたします。また、保険証券が手元になくとも故人が加入していることもありますので不動産管理会社に提携している保険会社があるかを尋ねてみてください。

遺品整理後は家を解体したいのですが・・・

弊社では解体工事も行います。空き家のままにしておくと、浮浪者の住処されたり、火災の原因にもなります。また、2015年に施行された「空き家等対策特別措置法」の対象になり、空き家が特定空き家に指定されしまいますと、50万円以下の過料が科せられたり、固定資産税の軽減措置の対象から除外されることもありますので今後誰も住む予定がないのであれば思い切って解体してしまうのも一法です。弊社では整地して貸し駐車場にすることも可能ですのでお気軽にご相談ください。
空き家等対策特別措置法について詳しく
https://www.shisui.biz/tokutei-akiya/

不動産管理会社から「遺品整理・清掃・消臭・原状回復のためのリフォーム」を求められました。

恐らく賃貸契約の条項に退去時は家財道具の撤去及び、原状回復が添えられていると思いますので一般的に不動産管理会社の要求は不当なものではありません。しかしながらいきなり言われてもすぐに対処できないこともあると思います。特に事故や急病で借主が亡くなられた場合であると、どこに何があるのかも分からずあたふたしてしまいます。中には不動産管理会社が斡旋する遺品整理業者もあるかもしれませんが通例そういった場合は不動産管理会社が20~30%程度のバックマージンを乗せて請求しますから高額になりがちです。まずは遺品整理業者数社に見積もりを取り、そのうえで比較してよい業者を選ぶことをお勧めいたします。ちなみに孤独死などで遺体の発見が遅れた場合は体液や糞尿が染み出てくるケースが多く、夏場だと、蛆虫やゴキブリなどの不快害虫が発生していることがあります。そういった状況の場合ですと、においがなかなか取れません。においの箇所を念入りに何度も消毒清掃して、片付け完了後も数日間は窓を開放して、オゾン脱臭機を設置します。原状回復を強く求める大家さんの場合、畳の張替え、クロス(壁紙)の張り替えを求められることがあります。もし不動産管理会社との交渉が不安であるというのであれば弊社スタッフも同席して、どこまでするかを話し合うことも可能ですのでご検討ください。

遺品整理の相場がわかりません、いくらぐらいでしょうか?

これは非常に難しい質問です。なにをどこまでやるのかによって金額は変わってきます。例えば小さいものは自分で処分できるのでベッドやタンス、冷蔵庫など持ち運ぶのが大変なもののみ片付けてくれというようなご依頼の場合、3万円代から可能ですし、1ルームマンションでも物量が多く、ゴミ屋敷のように物があふれている場合は30万円程度かかることもございます。もしできるだけお安く済ませたいというのであれば自分たちで処分できるものは処分して、処分方法がわからないものや運び出すのが困難な大型家具や家電品を弊社に依頼するのがお勧めですが、賃貸物件などの場合、一般的に月をまたぐと新たに一か月分の家賃を請求されます、そういった場合、自分たちで片付けをしているとまた家賃が発生して遺品整理業者に依頼するよりも高くついたということもありますのでご注意ください。また、遺品整理を自分で行う場合、交通費などの経費も発生致します。東京から何度も往復してたら結局遺品整理業者に頼んだ方が安かったということもございますのでまずは弊社見積もりスタッフまでお尋ねください。なお、弊社で依頼される遺品整理で一番多い価格帯は20~40万円です。家の大きさでいうと賃貸物件であれば2LDK、戸建住宅であれば30坪程度のお家です。

スマートフォンからは画像タップで電話が掛けられます。

ページ上部へ戻る