水戸市・ひたちなか市・日立市など茨城県内の遺品整理なら紫水にお任せください。

TEL 050-3529-9511

年中無休/受付時間 9:00~21:00 | 茨城県水戸市酒門町3568

お知らせ

遺品整理はいつまでにした方がいいのか?

「遺品整理はいつまでにした方がいいのか?」、時折、ご質問を受けますが、賃貸物件などで退去期限がある場合を除けば答えはありません。

もしかすると、宗教や宗派によっては故人の遺品整理はいつまでに行うことと、決まっていることもケースもあるのかと思いますが、一般的な引っ越しと違い、遺品整理の場合は情の部分が大きなウエイトを占めます。故人と確執があったりすると、一刻も早く処分して欲しいと願うものでしょうし、最愛の家族が亡くなったときであると、すぐに踏ん切りがつかないことがあると思います。特に交通事故などで突然お亡くなりになった場合であると、ご遺族の方たちも現実をなかなか受け入れ難く、暫くはそのままというケースもございます。

遺品整理の紫水では、賃貸物件の退去期限など緊急性のある場合を除いてはご遺族の意向を一番に考えております。事実、見積もりから1年以上経ってから改めてご依頼される方もいらっしゃいます。

もし遺品整理の時期について踏ん切りがつかない方であれば食品などの腐りやすいものと、通帳や証券類などの財産だけは早めに処理して、あとは暫く放置していても構わないと考えています。

ただ、一つだけ言いたいのは、もし故人が空の上から見た時、果たして今の状況をどう思うのかということだけは考えて頂きたいと思います。

故人が甘えん坊さんですぐには片付けないで欲しいなと思うような方であれば暫くそのままでいいと思います、或いはいつまでも途方に暮れる姿は見たくないよ、早く立ち直って元の生活に戻ってと願うような、生前、前向きな性格であった方であれば故人との大切な思い出の品だけは取っておいて、あとは割り切って処分してしまうのもよろしいかと思います。

それゆえ、紫水では見積りを頂いても、決して無理強いは致しません。どうぞ、ごゆっくりお考え下さいといって帰ります。ここで無理にせっつくような遺品整理業者は故人やご遺族の気持ちを汲み取れない営利ばかりを考えている業者の可能性が高いとすら思えます。

遺品整理の紫水は茨城県水戸市を主体に営業を行っています。当然、伺うスタッフは全員水戸市、ひたちなか市に住む地元の人間です。地元の人間ですからご依頼された方と偶然スーパーマーケットや飲食店などでばったりということがございます。その時にお客様から、「先日は遺品整理ありがとうございました」と言われるような健全な関係を築きたいと思っています。「ヤバい、この前遺品整理をしたお客様だ、隠れよう」、こんなことでは本末転倒です。

遺品整理というのは一生のうち、そんなに何回もあることではありません。

だからこそ、高い見積金額を提示して儲かればいいと思っている遺品整理業者が世の中多すぎます。もちろん、地元の業者であるから絶対に安心とは言えません、それでも地元業者であれば良くも悪くも行動が可視化され、悪い噂のあるところは営業が出来なくなります。

我々紫水はご遺族の意向を最大限尊重することをお約束いたします。

関連記事

ページ上部へ戻る